読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペロリームとお菓子工場

Sweetな構築やポケモンをお届けします。

【単体考察】チョッキジバコの調整

○はじめに

みなさんこんにちは、くるくるです。

今回は一時期はやったチョッキジバコの調整についてです。

f:id:cluclupoke:20160821233956j:plain

構築記事や単体考察でいろいろな調整を見かけますので、需要はあまりないかもですが、個人的に最もきれいだと思う調整案ができたので公表しようかなと思います。

(以下常態)

 

○調整・主要ダメージ計算

f:id:cluclupoke:20160821234349p:plain

ジバコイル@突撃チョッキ

特性:アナライズ 性格:控えめ

実数値・努力値:175(236)-x-135-189(172)-123(100)-80

技:10まんボルト ボルトチェンジ ラスターカノン めざめるパワー氷

 

まず、チョッキジバコの採用理由の最たるものは、電気に強く、現環境で最も多い特殊役割集中であるボルトスイクンの並びに強い点、受けをしつつ相手に大きな圧力をかけられる点などがあげられると思う。今回はそう言った点を意識して調整を考える。

 

○目標

・ボルトに対面から勝ち切る

・オボンボルトとスイクンの特殊役割集中に対して、1匹で対応できる

・ボルチェンで裏のポケモンの圏内に押し込む程度の火力を確保する

 

1.対ボルトロス

まず、このポケモンにとっての最大の仮想敵であるボルトロスを意識して、火力ライン・特殊耐久ラインを決めていく必要がある。

 

○前提

・火力

強化アイテム無し控えめ特化アナライズジバコイルの10万ボルトでは、H4振りボルトロスに対して6.3%の乱数でしか落とすことができない

→環境に多い耐久ボルトまで考慮すると基本一撃で突破することは不可能

・耐久

穏やか特化チョッキでも珠ボルトの気合玉を2耐えするのは不可能

・まとめ

珠気合玉ボルトに対して単体で対面で勝つのは厳しい(気合玉の命中率は非考慮)

 

気合玉のないボルトはただの餌なので、後述のボルトスイクンとのセットで考える。

 

上述のまとめのとおり、気合玉2耐えもジバコの10万によるボルトワンパンも不可能なので、返しの10万と珠ダメでボルトを落とせるかどうかを考える。

 

H4振りボルトの珠ダメ:15

特化ジバコのアナライズ10万:132₋156

合計:147₋171

 

ダメージたりねぇ…(H155ボルトに対して確定で突破できない)

このように、特化ジバコと珠ボルトが偶発対面すると、役割対象であるボルトに逆に狩られる可能性が存在することになってしまう。

ジバコ単体でこれ以上考えてもどうしようもないので、立ち回りでカバーしつつ、前提となる立ち回りに合わせて特殊火力・特殊耐久を決めることにする。

 

ボルトを狩るための立ち回りは、

ボルトと別のポケモンをあえて対面させ、10万を誘いながらジバコに交換する

これである。ジバコ交換読み気合玉が飛んで来たら終わりだが2連気合玉の命中率を考えればこちらに分がある(2連で当たったら知らにょ・。・)。

 

この立ち回りで考えると、必要になる数値は

・珠ボルトの10万+気合玉をジバコが耐えるだけの特殊耐久

・珠ダメ2回(30ダメ)込みで4振りボルトを10万で突破できるだけの特殊火力

 

まずは、特殊火力から。

珠ダメ2回で4振りボルトの残HPは124。この体力を10万で確定で持っていくのに必要な特攻数値は189(努力値C172振り)である。

これを火力目安とする。

 

次に耐久ライン。

これに関しては、残っている努力値で特殊耐久と物理特殊合計耐久が最も高くなるようにこちらの計算結果を利用させてもらった。

http://pkc.client.jp/w/defmax.html

その結果がこちら。

f:id:cluclupoke:20160822004511j:plain

 指数最大だけで考えると一番上の調整がいいが、Hが16nになってしまうので、H16n-1を維持しつつ特殊耐久が最も高くなる6番の調整を今回は採用する。

H252振り(16n+1)の調整にしている方が多いが、スイクンが仮想敵にいる関係上熱湯の追加効果である火傷の定数ダメージを減らせるならば減らすに越したことはないと判断した(上の結果のとおりHぶっぱの調整と比べても特殊耐久はほとんど変わらない)。

 

ここまでの結果をまとめると、

H236C172D100振りが調整結果となる。

 

今回は珠ボルトを意識して火力ラインから調整を決めていったが、眼鏡ボルト、襷ボルトが厳しい。個体数が少ないので切っても正直そこまで問題ないとは思うが、万全に対策するならスリップダメ(天候やステロ)をいれるのがいいだろう。

 

2.対ボルトスイクン

今回は耐久ボルトの中でも最も高火力なC100振り臆病ボルトとC4振りスイクンのセットで考えていく。

ジバコ側の調整は上述のとおり。

 

悪巧みボルトにジバコを後投げするという状況でシュミレーションする。

C100振りC2上昇ボルトの10万:44‐52

C172振りジバコのアナ10万:D無振りボルトに対して126₋148

             →オボン込でもH振りボルトは確定2発

 ボルトの悪巧み10万を2発受けた際のジバコの残HPは71‐87

C4振りスイクンの熱湯:28‐34

C172振りジバコのアナ10万:HBスイクンに対して186‐222(37.5%の乱数1発)

瞑想熱湯は確定耐え、瞑想後のスイクンにアナ10万2発で確定。ジバコが突破される可能性があるのは、相手のスイクンが10万を乱数耐えしつつ、なおかつ1発目の熱湯で火傷を引いた時のみ(それでも乱数が絡む)なので、基本的に耐久ボルト+スイクンの並びは、ジバコ1体で倒し切れることになる。

 

前シーズンは、爆発的に毒ボルトの個体数が増加し、スイクンの型も多様化し始めたが、チョッキジバコはそうした流行のボルトスイクンにも強い(毒が入らないのは個人的にかなり優秀な点であると思う)。

 

3.主要ダメージ計算

・C補正なし252振り珠ボルト10万:32‐39

・C補正なし252振り珠ボルト気合玉:114‐135

 →後出しから確定耐え

・無振りボルト気合玉:72‐86(確定3発)

・C222メガゲンガーシャドボ:55‐66(高乱数3発)

・C222メガゲンガー状態異常祟り目:90‐106

 →鬼火ダメ(21)×3+祟り目確定耐え

・C222メガゲンガー気合玉:110‐130(確定2発)

・C4振りスイクン熱湯:28‐34

 →火傷ダメ21込みで49‐55で確定4発

・C特化メガサーナイト気合玉(=めざ地):118‐140

・C特化メガサーナイトハイパーボイス:42‐51

 →後出しで相手有利の乱数

 

 

今回はここまで。追加してほしいダメージ計算があればtwitterかコメントで。

それではまたの機会に!