ペロリームとお菓子工場

Sweetな構築やポケモンをお届けします。

【第3回真皇杯関西予選1使用構築】月影鮫-転-

f:id:cluclupoke:20170530195506j:plain

〇はじめに

先日行われた真皇杯関西予選1で使用。結果は5-4で予選落ちと不甲斐ないが、自信のあった並びやコンセプトであったので公開する。

 

〇コンセプト

対面での撃ち合い性能に重きを置きながら、そこに展開を織り交ぜることによって、攻撃的な対面構築を目指した。

 

〇概要

S2で使っていたゲンガブカグヤは対面性能の高い三匹でサイクルを回していく、所謂対面+サイクルを戦術のベースとしていた。しかし、対面に重きを置きながらサイクルを回すのは、相手のサイクルパに後手を取り、積み展開に弱くなりがちであり、ゲンガーの強みを最大限に活かした緻密なプレイングが要求されがちであり、窮屈さを感じていた。

そこで、今回は対面での撃ち合いに重きを置きながら展開を織り交ぜることで攻撃的にゲームを作り上げることに考え方をシフトさせた。

展開方法は様々なパターンがあるが、攻撃的な展開がコンセプトなのでステルスロックをベースにした。そこでステロ撒き要員の中で最も対面での撃ち合い性能が高いと考えているガブリアスを展開の始点に据えた。さらにステルスロックの攻撃性能を最大限に活かしつつ、圧倒的数値と型の固有さを活かせるカビゴンに欠伸を展開させた。

残りの枠にステロ欠伸からの抜きエース要員を揃えていったが、環境の展開始動役のカバルドンに掻き乱されやすい軸なので、カバルドン展開に対して後投げするだけで展開テンポを奪い返せるポイヒガッサに注目。欠伸で起点を作ってからハメ展開も狙えるためパーティの潤滑油にもなりつつ、選出に絡めるだけで強力な勝ち筋を生み出せた。また、初手ガブリアスで縛られるのはパーティの柔軟性の低下に繋がりかねないので、エースにもなりつつ鬼火から展開を行えるゲンガーを最後に添えた。

抜きエースで3タテを狙うのではなく、展開要員自体の撃ち合い性能の高さから数的不利を取らずに展開をしていくことで相手を圧倒していくことが出来た。

以下、個別紹介。

 

〇個別紹介

 f:id:cluclupoke:20170530195537g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病 特性:呪われボディ→影踏み

数値:159(188)-x-101(4)-191(4)-123(60)-200(252)(メガ後)

技:祟り目 ヘドロ爆弾 鬼火 身代わり

 

初手の展開要員兼抜きエース。今日のゲンガーは催眠アタッカーであることが多いが、影踏みによるサイクルカットで盤面をコントロールする使い方が自分には1番馴染んでいるため、いつも通りの鬼祟型。

現状解禁されているメガ枠のほとんどが積み技を使っても圧倒的な崩し性能を確保出来ないと考えているため、メガ枠に崩しの要素を求めるのではなく対面での撃ち合い性能や展開性能、サイクル性能を評価したいと考えている。鬼火ゲンガーは後続の起点作り、撃ち合い性能もさることながら、影踏みによる腐りにくさも含めて個人的に評価が高い。後述のガブリアスが隙を見せるメタグロスなどが見えた時は初手投げしたい。

CSの火力が欲しいという意見もあると思うが、あくまでも私はゲンガーで抜いていくのではなく、ゲンガー自身が展開要員になりつつ対面で撃ち合うことを想定しているため耐久HS以外は考えられない。一応抜きエースとしても使えなくもないので、抜きに重きを置くならCSも一考か。

 

f:id:cluclupoke:20170321225453g:plain

ガブリアス@ジメンZ

性格:陽気 特性:鮫肌

数値:183-182(252)-115-x-106(4)-169(252)

技:地震 岩石封じ ステルスロック 毒々

 

ステロ撒きの中で最も対面性能が高いと考えているポケモンであり、ステロを撒くだけでなく撃ち合いで勝つことも想定してジメンZ。

当初はヤチェで使っていたが、メタグロスポリゴン2対面くらいでしか役に立たなかったので、ガブリアスのスペックを攻撃的に発揮するためにZとした。Zだから勝てたという試合があるわけでもないので持ち物は要相談。

調整を練る暇が無かったのでASぶっぱだが、耐久方面に調整を加えた方が動きやすかったと思うので反省。具体的にはミミッキュのじゃれ+影耐え。

今最も強いガブリアスの構成はこの4つだと思っているため、そのまま採用したが、カビゴンの欠伸、ガッサの胞子を考えても毒→吠えるで良かった。

数値に物を言わせて初手での役割遂行をしていけるのはやはりこのポケモンならではであり、替えが効かない。ステロ撒きだけで切るのではなく、カビゴンやガッサに引いて温存することももちろん考慮に入れておくのが大切。

 

f:id:cluclupoke:20170322140958g:plain

テッカグヤ@命の珠

性格:意地っ張り 特性:ビーストブースト

数値:172-168(252)-123-x-124(20)-111(236)

技:ヘビーボンバー 地震 岩雪崩 ボディパージ

 

機動要塞型テッカグヤの中でも最も異形な奴。

とある記事から丸パクリしてます。

 テッカグヤのアタッカー採用はS1から何度も試みているが、どれも中途半端な結果に終わっていた。弱いと感じる主な理由は数値受けへの崩し性能の無さ。アタッカーテッカグヤは数値受けで止まるものの、耐久カグヤが隙を見せる炎・電気のアタッカーを返り討ちに出来るため一長一短なのだが、ゲンガブカグヤでサイクルをするのであるならば耐久の方が使いやすい。今回はサイクルではなく抜き展開を想定しているため、クッション性能のない超攻撃的なテッカグヤを採用するに至った。

問題の数値受けで止まるという問題をポイヒガッサの採用で解消しつつ、ステロ欠伸で若干の誤魔化しを加えた。実際に試運転段階でも数値受けに妨害されて抜ききれないといったことは無かったので、アタッカーテッカグヤの一つの成功例と言えると自負してる。

想定外の火力と範囲によって相手を圧倒する。ブーストが噛み合えば簡単に抜き体制が整うので、確実に抜ける盤面を序盤2枚で作り上げることが大切。岩雪崩を打つ機会が少なかったので特殊炎技もありかも。

 

f:id:cluclupoke:20170530200158g:plain

キノガッサ@毒毒玉

性格:陽気 特性:ポイズンヒール

数値:153(140)-150-115(116)-x-80-134(252)

技:岩石封じ 宿り木の種 キノコの胞子 身代わり

 

[シングル]やどりぎポイヒガッサの調整案:キツネの社の社務日誌 - ブロマガ

こちらの記事を参考にしながら7世代版にチューニングした。

カバルドンが未だに環境で猛威を奮っているため、そこへのメタは構築に不可欠であり、基本軸としているガブカビゴンカバルドンに隙を見せるため、一方的にカバ展開を崩壊させられる駒として採用した。

メタ思考に走り過ぎると後手に回りがちであるが、ポイヒガッサ自体はメタに回りつつもこちら側にテンポを一方的に奪い返せるため、非常に前のめりなメタ要素になる。故に、メタ要素でありながら構築の勝ち筋まで担うことが出来るパワーカードである。

若干特殊な構成のポガッサになっているが、ハメによるロック性能とサイクル性能が高い構成になっている。宿り木は、本来ガッサが有効打を持ちにくい相手に対してもハメを遂行できるようになり、パターンにハマれば確実にハメ殺せるため強力なロックになる。また、宿り木さえ入れば、カバルドンのステロ吹き飛ばし展開によってこちら側が負荷を負うことも無くなるため、カバルドン展開に滅法強い。それだけではなく、ポイヒガッサをレヒレで見れると思ってる相手にも宿り木+身代わりだけでロックが可能なので挑発さえなければ問題なくハメられる。宿り木の種がこのガッサの強みである。

ただし、コケコに対して明確な回答を用意しにくいので注意。基本軸のガブカビゴンがコケコにある程度厚いので誤魔化しは出来るが、選出は慎重に行いたい。

 

f:id:cluclupoke:20170530200238g:plain

カビゴン@フィラの実

性格:意地っ張り 特性:食いしん坊

数値:254(148)-145(12)-117(252)-x-142(92)-51(4)

技:恩返し 地震 欠伸 リサイクル

 

欠伸展開を行えるポケモンの中で最も実質数値が高く対面性能があるポケモンだと思っている。

コンセプト上、対面での撃ち合いを想定してメインウェポンの恩返し、補完の地震(炎のパンチ)を確定としつつ、残りの枠に対面での撃ち合いに競り勝つためのリサイクル、展開にも使えるだけでなく、積みで突破を狙ってくる相手を流す欠伸を採用した。欠伸を見せた瞬間、相手側は吹き飛ばしをほぼ確実に警戒するため、実質技5つで戦えたりもする(補完のウェポンの使用機会がそこまで多くないので技が完璧に割れることがほとんどない)。

欠伸展開は相手を眠らせた後の行動が不明瞭になりがちだと考えたため、眠らせた後に抜きエースに引いて積むのではなく、カビゴン自身で殴っていくことで数的有利を取ることを意識した。引き+積みで使用するターン数と眠り消費ターン数の関係上、バックは運ゲーになりやすいためそれを避ける意図もある(もちろん、裏のエースが寝ているポケモンに強いのならばエースに引く動きが理想)。

カビゴンを毒で見ている相手に対して圧倒的に強く、欠伸展開から自主退場の形を実現できるため、裏のエースを通す盤面が整う。カビゴン対策のはずがこちらのカビゴンを活かすことになるという二極化した固有の型の強みを発揮できる。

物理にも特殊にも投げていける数値のお化けであり、欠伸を合わせることで構築全体の誤魔化し性能が高まる。今回最も信頼していたポケモン

 

f:id:cluclupoke:20170530200316g:plain

ウルガモス@ムシZ

性格:臆病 特性:虫の知らせ

数値:161(4)-x-85-187(252)-125-167(252)

技:火炎放射 虫のさざめき 蝶の舞 身代わり

 

タイプ相性を無視して破壊する抜きエース。

個人的な考えで、不一致Zによる役割破壊での崩しは対面での行動択をぼやかしているなど、あまりに不明瞭なため採用を避けている。だが、一致Zは見た目上のタイプ相性通りに受けを用意すれば簡単に防がれてしまう。このウルガモスは一致Zの弱点であるタイプ相性による誤魔化しを許さない超火力を叩き出すことが出来る強力な型である。

虫の知らせ+ムシZの火力はタイプ受け+数値受けを両立出来るポケモンでなければ受からないため、丁寧な起点作りさえ出来れば全抜きが容易である。ステルスロックが痛いポケモンであるが、サイクルを回さなければ虫の知らせ圏内に入れるための補助でしかないため、この型に限ってはステルスロックがほとんど痛くない。

ステロ欠伸展開と最も相性のいい技である身代わりを自然と採用出来るのも高評価である。

炎技は諸説あるが、命中安定で且つ火力もそこそこ出る火炎放射が最も使いやすかった。

 

〇選出パターン

f:id:cluclupoke:20170530202111p:plainf:id:cluclupoke:20170530202146p:plain+@1

殆どのパーティにこのパターンで投げていく。それだけこの2枚のパワーは圧倒的であった。

f:id:cluclupoke:20170530202354p:plainf:id:cluclupoke:20170530202146p:plain+@1

ただし、ガブリアス初手で明確に不利を取るようであればゲンガー初手からの鬼火展開も視野に入る。ゲンガーが出し負ける相手のケアとしてカビゴンを添えることが多かった。

カバ展開にはガッサを選出するが、ガッサを選出する際はガッサを通すことだけを考えたいのでガッサの障害となるポケモンの除去手段を必ず用意すること。

 

〇反省点

ボーマンダバシャーモに甘い。

先に展開出来れば止まる構築はほとんどないが、後手に回らないように常に気を付けなければならずかなり繊細に立ち回る必要のある相手。改善するならこの辺りに厚めに組みたい。

 

〇雑記

珍しくかなり前のめりな構築になったが、完成度は高いと自負しており、自信のある構築であった。戦績が振るわなかったのは構築の中身というよりは、単純にプレイングの問題であり、久しぶりのプレイではやはりミスが目立ってしまった。

これからもあまり表だってポケモンは出来ないが、完成度に自信のある構築を組めたらいいなと思っている。最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

これから

なんかポケモンに対する姿勢みたいな話でTLが盛り上がりを見せる中、全く関係無い私事に関する話。

""ポケモンする時間が無い""

知らんがな、って話だと思いますが、僕もいい歳なので最近忙しい。リアルを犠牲にポケモンに時間を注ぎ込んでいたタイプの人間だったのですが、人生どん詰まり状態に近づいて来ており、さすがに遊んでられなくなりました。

モチベーションが失せたわけでも無く、空いた時間は構築の構想を練ったりもしているのですが、それを形にして、以前までのようにコンスタントにそこそこの成績を出し続けるのは不可能だと強く感じています。

きっぱりポケモンから離れるには、僕はこのゲームにのめり込み過ぎてしまった。ポケモンについて全く考えない日は無いし、そんな状態で好きなゲームを辞める気もさらさら無い。だけど、ポケモンをやり込む時間も無い。どうしたらいいのか最近わからなくなりました。

これからは、前のようにシーズン毎に何かしらの結果を出すのは無理です。出来る時にポケモンにうち込めればいいなとは思ってます。

ブログ楽しみにしてました!とか声を掛けて貰う度に嬉しいと思うからこそ、これからブログの更新(構築記事)が減ることを予めみなさんにお伝えしておきます。

それでは、闇に飲まれよ!蘭子ぽけでした。

f:id:cluclupoke:20170422053531p:plain

【雑記】私的強アイテム考察

〇はじめに

7世代ではZクリスタルの登場により、一般アイテム枠の選択が非常にシビアになった。2メガ2Zで構築を組むと、一般枠から2枠しか採用することが出来ない。

なので、一般アイテム枠からいかに強力なアイテムを選択できるかも重要になってきていると考えている。もちろん、持ち物ありきではなく持たせるポケモンが重要だが、アイテムに特化して考察するのも行き詰まった時の打開策になるかもしれない。

 

〇汎用アイテム

・気合の襷

言わずと知れた強アイテム。耐久の薄いポケモンに持たせることで対面性能を上げる使い方が一般的だが、7世代では耐久振りのポケモンや素の耐久が高いポケモンに持たせつつ不意のZ技のケアを施すなどピーキーな使い方も考案されている。

S2はカバルドンとステロが蔓延る環境であり、簡単に持ち物が潰されやすいのがネック。環境にも寄るが、現環境での私的評価は低め。

構築を組む時には襷を入れろみたいな初心者向け記事とか見たことあるけど、私は襷が自然に構築入りしたことないのでうまく使えるようになりたい。

 

・拘りスカーフ

技固定の見返りにSが1.5倍になるというアイテム。襷とはまた違った面から対面性能を底上げできる。襷と違い、サイクル参加も可能になるため、対面+サイクルという形に近い構築をよく使う私にはほぼ必須級のアイテム。

上から殴ることによる行動保証は、Zによる超火力の被害を受けることなく相手を潰す可能性を持ち合わせており、7世代環境にもマッチしている。

拘りアイテムが使いづらいという声をよく聞くが、最終的な一貫を作り上げることを意識すると少しは使用感がわかるかも。

 

ゴツゴツメット

環境からガルーラの個体数が減少したため、アイテムとしての需要は下がっているように思えるが、未だにその定数ダメージは強力だと考えている。

簡単な例を上げると、メタグロスVSクレセリア対面は一般的にはメタグロスが不利とされている。だが、クレセリア側もメタグロスに対して有効打があるわけではないことに注意してもらいたい。ゴツゴツメットの接触ダメージの存在がクレセグロス対面クレセ有利を作り上げている。

この例からわかると思うが、ゴツゴツメットというアイテムは持たせるポケモンのスペックを飛躍的に向上させる可能性をも秘めたアイテムである。本来、アタッカーに対して高速再生技で粘るだけでは勝てないが、接触ダメージを殴られる度に与えることで勝てる対面に出来るのである。持たせるポケモンは選ぶが、物理受けのスペック向上の際は採用を検討してみては如何だろうか。

 

・1/2回復木の実

7世代に入って強化された木の実群。HP25%以下で50%回復という効果だが、オボンのように確定数を意図的にずらすことが出来る訳では無いので注意。

高耐久ポケモンに持たせることで繰り出し回数の確保や詰ませ性能の向上として使うことが多い。また、特性:食いしん坊のカビゴンに持たせることで無限戦法が成り立つことも有名である。特殊な使用例としては、リザYの晴れオバヒ耐えのカバルドンに持たせることで、

オバヒ耐え→回復→C2ダウン状態のオバヒ耐え

を実現し、リザY対面で2回の行動を確保する使い方もある。

単純にパーティ内での実質HP量が爆発的に増えると考えるだけでも強い。様々な使い方が考えられるアイテムであり、まだまだ開拓の余地がある。

 

・食べ残し

持たせるポケモンを選ぶが身代わりなどを絡めた展開の回復ソースとして利用出来る。

嵌めるタイプのポケモンや、身代わり+積みで詰ませるタイプのポケモンに持たせやすく、詰ませ性能の向上に繋がる。

ナットレイが持ってるのはよくわからないけど繰り出し回数の確保とか確定数ずらしとかなのかしら。いつまで残飯食ってんだ、はよ食い終われや。

 

〇未開拓アイテム

・シード

完全に未開拓なわけではないが、未だに綺麗な形に纏めた人が少ない気がする。

あまり注目していなかったが、関西シングルFESTAで使われた際に無限の可能性を感じた。

(参考記事)

gonbepoke.hatenadiary.jp

(構築の着想から内容まで素晴らしい構築記事なのでぜひ読んで欲しい。)

持たせるポケモンを選ぶだけでなく、1度場に出したら基本的には引けないことを考えると完全に活かすのは難しいアイテムであるが、考察が深まっても良いスペックはある。

某氏も生放送で考察してたし今後に期待。

 

・カムラの実

6世代ではカムラボルトの考案と同時に割と広く認知されたアイテム。個人的にこのアイテムは凄く好きなので過去にも色々使ってたりする。

(参考記事)

cluclupoke-perorimu.hatenablog.com

Sを上げることで擬似的なスカーフ枠になる事が出来るだけでなく打ち分けも出来るのは魅力的。7世代環境で非常に強力な技である身代わりと好相性なので、色々な構築に組み込める。

基本的な使い方は、対面1発耐えて積み+カムラのS上昇による抜き展開。参考記事のように身代わり連打からのカムラがむしゃらも強力(ステマ)。

ただ、HPが少ない状態で発動するアイテムなので先制技持ちに弱い。テテフは先制技に弱くない制圧力の高いカムラ要員として少し注目している。

 

・アッキの実

ミミッキュに持たせたら面白そう。良い型を思いつかないのでいつも保留にしてるけど。

バトン先としてのエーフィやピクシーなんかが持っていることが多い。物理に若干薄いポケモンに持たせることで、起点に出来る範囲を広げる使い方をする。変わった使用例だと6世代S17で話題になったアッキウルガモスがある。

基本的には高速再生技持ちに持たせると機能しやすい。このアイテムもまた、1度場から引くと効力を失うため盤面作りが難しい。

 

〇世代の変化に置いてかれたアイテム

・弱点保険

ギルガルド以外で使うのはZの登場でかなり厳しくなった。弱点保険を専用アイテムかのように使用しているギルガルドも一致Zの恐怖に怯えなければならなくなった。

 

・拘り鉢巻・拘り眼鏡

耐久振り鉢巻や眼鏡は上からのZで機能しにくくなった。そもそもこの手の拘りを持たせるならZの方が動きやすいことも多い。

ただ、拘りの瞬間火力や奇襲性は健在であり、速いポケモンならばより有効に使える。遅いポケモンでも鉢巻ナットレイはかなり使いやすかった。

 

〇終わりに

アイテムから着想を得られることもあると思うので皆さんも構築に行き詰まったらアイテム考察してみませんか?面白アイテムは環境のjokerになり得るかも・。・

それでは、闇に飲まれよ!

 

f:id:cluclupoke:20170403040542j:plain

【S2最高2160最終2126】月影鮫【最終59位】

f:id:cluclupoke:20170322010255p:plain

〇はじめに

最終日のみTN:KanzakiRankoで1900~使用していた構築。最高2160最終2126。2200目指して潜ったが最後に集中力が切れてしまいまたしても目標には到達できなかった。

来季以降しばらく今までのように潜れるか怪しいため結果を残したかったが悔しい結果に終わってしまった。

構築の精度についても納得のいかない部分もあるが、ある程度の結果を出せたのでベースになっている部分だけでも参考にしていただけると嬉しい。

 

最終順位

f:id:cluclupoke:20170322010343j:plain

 

最高レート

 

f:id:cluclupoke:20170322031231j:plain

 

 

〇概要

メガゲンガーが環境に刺さっているだけでなく、影踏みという特性の性質上、明確にゲームメイクが可能になるという点が強力だと考え、メガゲンガーから構築を組み始めた。

ゲンガー採用の際にケアすべき相手にスカーフ地面とテテフの存在がある。この2つの要素に対して1枠で対応が出来るポケモンとしてテッカグヤに注目。カグヤの型は、某氏に教えてもらった飛行Zで試していたが、数値受けを崩せず場持ちが悪いのが気になり、最終日前日までの構築でも使用していた毒耐久カグヤで採用した。

ここまでの2枠と補完が取れており、構築の勝ち筋を増やせる可能性があるスカーフガブリアスを3枠目に採用した。

ゲンガーの一貫を作り上げる動きを取るか、ガブリアスの一貫を作り上げる動きを取るか、はたまたテッカグヤで詰ませる動きを取るか盤面に応じて柔軟に選択できる点が非常に強力。

また崩しつつストッパーにもなり得るミミッキュを採用し、構築全体の対応力を上げた。基本軸が若干隙を見せるミミッキュに対しても打ち合える。

ここまでの並びは長い間煮詰めていたが、残り2枠の最適解が最後まで見つけられなかった。構築単位で薄い相手にある程度強くなれるようにメタグロスガブリアスと並びが組める)とドヒドイデを採用。

構築のベースが強かったのに残りの2枠が未完だったのが今季の敗因だと考えている。

 

〇個別紹介

f:id:cluclupoke:20170322013918g:plain

メタグロスメタグロスナイト

性格:陽気 特性:クリアボディ→硬い爪

調整:167(92)-183(140)-173(20)-x-131(4)-178(252) (メガ前)

技:アイアンヘッド バレットパンチ 冷凍パンチ 地震

 

★調整意図

〇火力

特に無し(余りで振れるだけ)

〇耐久

陽気ガブリアス地震+鮫肌ダメ2回耐え

〇素早さ

最速

 

ゲンガーで相手をしたくないマンダ軸に対して投げるメガ枠。基本軸がパルシェンに薄いのでパルのケア要員でもある。

補完的な採用理由で構築入りしたが、やはり7世代環境においては高い対面性能を誇り抜群に使いやすかった。1度は攻撃を耐える耐久を活かして多くのポケモンをアイへorレンチ+バレットで縛れるのは強力で、1:1.3交換が可能であり初手から数的有利を取りやすい。

補完としての採用だったのだから構築単位で重いギャラドスへのメタとして地震を雷パンチにすべきだったが、最終日の夜に新規育成する時間がさすがになかった。完全に準備不足であるため反省。

 

f:id:cluclupoke:20170321225453g:plain

ガブリアス@拘りスカーフ

性格:陽気 特性:鮫肌

調整:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

技:逆鱗 地震 岩石封じ ステルスロック

 

ゲンガーカグヤで薄い炎や電気に耐性を持ちつつ引かせることができる枠であり、ゲンガーカグヤガブの並びが出来る(美しい)。

上述の通り電気や炎に投げるため、積みにも対応できるスカーフでの採用。ステロを撒きつつゲンガーやカグヤに引いて相手を確実に潰していく。

ゲンガーで障害を取り除いてこのポケモンの一貫を作るか、このポケモンでゲンガーの障害を潰すかは相手に合わせて選択する。

上位環境では思った以上に刺さりが良くほとんどの試合で選出していた。

 

f:id:cluclupoke:20170322191745g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

性格:意地っ張り 特性:化けの皮

調整:145(116)-154(236)-106(4)-x-126(4)-135(148)

技:戯れ付く シャドークロー 影打ち 剣の舞

 

★調整意図

〇火力

11n

〇耐久

200テテフのPFサイコキネシス確定耐え

〇素早さ

最速70族抜き

 

特性のおかげで圧倒的な対面性能を誇るポケモン。型の開発が進み、様々な型を相手に想定させられる点も強力。

今回は構築全体の崩し性能の少なさと撃ち合える範囲を広げるためにも剣舞ゴーストZ型で採用した。上位で個体数を増やしていたメガゲンガーに対して一致技で弱点を付けるのはやはり大きく、相手のゲンガーを絡めた構築に比較的有利を取りやすかった。特性とZが噛み合っているのでストッパーも崩しも可能であり、2手目以降でこのポケモンを投げて一気にゲームエンドということもあった。

選出段階で4枠選出したいと思った時はこのポケモンを控えに置いておくことで無理な範囲のカバーを行えるため、構築の対応幅が広がる。

呪いミミッキュは相手を削るのに特化してるのに対して剣舞ミミッキュは構築単位で見れる範囲を広げられるポケモンだと感じた。

 

f:id:cluclupoke:20170321234745g:plain

ドヒドイデ@ゴツゴツメット

性格:図太い 特性:再生力

調整:157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55

技:熱湯 黒い霧 毒毒 自己再生

 

★調整意図

〇火力

特に無し

〇耐久

極振り

〇素早さ

特に無し

 

5枠決まった時点で果てしなくバシャーモが辛かったため採用したポケモン。ブルルドヒドイデを使用していた時の個体を流用しているため、詳しくは前記事参照。ゲンガーと組み合わせていたので毒菱の方が今回は合っていたかもしれない。

ミミッキュを採用する上で初手のガルーラ対面の引き先にゴツメ枠を置くのが強いと考えていたためゴツメを持たせている。メタグロスに対する削りにもなる。

バシャーモを意識して採用したが、バシャーモ+電気やバシャーモ+テテフに対して、後ろの電気やテテフへの引き先を選出に用意しなければならず、選出が非常に窮屈になり負けることがあったため、この枠は間違いなく別のポケモンが良かった。候補としてはマリルリなど。

 

f:id:cluclupoke:20170117234434g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病 特性:呪われボディ→影踏み

調整:159(188)-x-106(4)-191(4)-123(60)-200(252) (メガ後)

技:祟り目 ヘドロ爆弾 鬼火 身代わり

 

★調整意図

〇火力

余り

〇耐久

191メガゲンガーシャドーボールを12.5%の乱数耐え

〇素早さ

最速

 

今期最も強かったメガ枠。影踏みによるキャッチとカグヤの状態異常+宿り木が噛み合っている。

ゲンガー自体の突破力と詰め性能を持たせるために鬼祟型で採用。同時に状態異常撒きにもなるヘドロ爆弾。有利対面で確実にメガ進化が出来る身代わり。身代わりは詰め性能を向上出来るだけでなく、裏のカグヤの宿り木や毒からハメる展開を作れるため他の補助技より優先度が高い。

影踏みで捕まえて鬼火祟り目で確実に相手のポケモンを1匹処理しつつ、裏のポケモンをこちらのミミッキュorガブリアステッカグヤでこのポケモンの圏内に入れて抜き展開を行う。祟り目の入らないノーマルの処理は裏のカグヤで毒・宿り木撒き→ゲンガーで身代わり連打で解決している。

相手にサイクルを回させないことが本当に強く、わかりやすくゲームを作り上げられる。

 

f:id:cluclupoke:20170117234510g:plain

テッカグヤ@フィラの実

性格:呑気 特性:ビーストブースト

調整:201(228)-121-170(252)-127-125(28)-72

技:ヘビーボンバー 火炎放射 宿り木の種 毒毒

 

★調整意図

〇火力

特に無し

〇耐久

H201を確保し残りBは特化。余りD。

〇素早さ

特に無し

 

ゲンガーを採用する上でケアすべきスカーフ地面とスカーフテテフを1枠で対応できるポケモン。繰り出しを複数回行えるようにするため場持ちが良いフィラの実。

役割対象のテテフに対する打点としてヘビーボンバーを確定技とし、宿り木や毒に耐性のある鋼や草への打点として火炎放射。ゲンガーのサポートにもなり、自身の回復ソースになる宿り木と耐久を崩すための毒毒。補助技2枠がゲンガーと非常に相性が良い。

ゲンガーの鬼火を絡めて物理枠を完封しつつ詰めることを出来るなど、この構築において最も仕事が多いポケモンである。体力が少しでも残っていればラス1物理アタッカーに対して詰ませられる可能性があるため最後まで丁寧に扱うことを心掛けた。

 

〇選出パターン

殆どの構築に対して、

ゲンガー+ガブリアステッカグヤ

の基本選出。それくらいこの選出が圧倒的に強かった。

バシャーモ入りに対してはミミッキュドヒドイデを選出に組み込むが、基本的にミミッキュを選出していた。

また、パルシェン入りにはメタグロスを選出していたが、基本選出以外にこれといった選出パターンはなかった。

 

QRコード

3ds.pokemon-gl.com

 

〇雑記

S1から強く美しい並びだと考えていたゲンガーガブカグヤで一定の結果を残せたのは良かった。概要でも述べたが補完2枠が微妙だった。構築が粗削りで結果を残せないのは、構築を組むことに比重を置いている人間としてあまりに恥ずかしい。

反省ばかり書いても仕方ないので、別の話を。今期も色々な通話窓で様々な構築を見る機会をいただいた。また、対戦オフでも構築の話などをする機会が多かった。こういった環境に身を置くことで強いムーブを発見できたと考えており、周りの環境に感謝してもしきれない。ポケモンを始めたばかりで右も左もわからないという方は勇気を出して強い人に話しかけてみるのをお勧めする。それくらい周りの環境は大切。

話は逸れたが、S2改めてお疲れさまでした。対戦してくださった方、通話してくださった方への感謝の意を記して記事の結びとする。

 

【S2終盤使用構築】Clock Permission

f:id:cluclupoke:20170321221202p:plain

〇はじめに

TN:KanzakiRanko(1812~2010),TN:Legne(1632~1998)

上のROMで上記のレートまで上げるのに使用した構築。

少ない対戦数で確実にレートを上げられた構築であり、最終日の構築のベースにもなったため公開する。

また、第3回P2オフでも同じ並びを使用。5₋2直接対決負け予選落ち。このオフの結果を通して上位環境では通用しないと思い、レートを上げるための構築として割り切って使用していた。

 

〇概要

Clock PermissionとはMtgのデッキタイプの1つである(Mtgプレイヤーではないので認識ミスなどあるかも)。

 

Clock:定数ダメージ

Permission:打消し行動(回復、守るetc)

 

定数ダメージを入れて盤面を制圧することを目標にしつつ、より明確なゲームメイクを行えるようにエースとして一貫させるポケモンを構築段階で定めた。

結果として、

・対面エース+サイクル2枠

・積みエース+サイクル2枠

・対面選出

・サイクル選出

といった選出パターンに分類でき、相手に合わせてシステマティックな運用が可能になった。

 

選出段階で勝ちのビジョンを描きやすいため、プレイングにムラが出来にくく、なおかつ短時間で試合を進めることが出来る。

 

ベースとなった構築

cluclupoke-perorimu.hatenablog.com

 

 

〇個別紹介

f:id:cluclupoke:20170321223039g:plain

メタグロスメタグロスナイト

性格:陽気 特性:クリアボディ→硬い爪

調整:167(92)-183(140)-173(20)-x-131(4)-178(252) (メガ前)

技:アイアンヘッド バレットパンチ 冷凍パンチ 岩石封じor地震

 

★調整意図

〇火力

特に無し(余り)

〇耐久

陽気ガブリアス地震+鮫肌ダメ2回耐え

〇素早さ

最速

 

7世代環境において高い対面性能を誇るメガ枠。また、優秀な耐性と数値のおかげでサイクル性能も認められるため、非常に使い勝手の良いメガ枠であった。

構築のエース枠兼対面枠。

安定打点かつ3割で盤面を引き寄せるアイアンヘッドと役割対象のマンダを強く意識した冷凍パンチをベースに、対面性能の向上に繋がる先制技であるバレットパンチ、メタ意識の岩石封じor地震。裏のブルルドヒドイデで厳しい炎枠への誤魔化しになる岩石封じと、ギルガルドやヒ―ドランのような処理ルートが組みにくいポケモンに対する打点としての地震は気分で変えていた。

当初はガルーラをメインのメガに据えていたが、ブルルドヒドイデの苦手なマンダ、ルカリオ、ゲンガーに軒並み打ち負けるため、対マンダ軸性能を強く評価してメタグロスに変更。猫+定数のような芸当は出来なくなったが、ガルーラに比べサイクル参加しやすく、役割対象の補完も整うため、この変更は正解だった。

 

f:id:cluclupoke:20170321225453g:plain

ガブリアス@拘りスカーフ

性格:陽気 特性:鮫肌

調整:183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)

技:逆鱗 地震 岩石封じ ステルスロック

 

★調整意図

〇火力

ぶっぱ

〇耐久

Bに4振り

〇素早さ

最速

 

絶大な信頼を寄せているスカーフ枠。

環境の関係でエースとして通すには厳しいが、一応エース枠。炎電気への耐性を活かして繰り出しをすることが多いのでサイクル要員にもなりつつステロによる補助で積みエースのお供にもなり得る。もちろん対面要員でもある。

炎枠や電気枠に投げてステロ撒いてラス1地震で相手をなぎ倒すだけの仕事人。ウェポンの一貫が取りにくくなったが、逆に言うとどのポケモンを潰せばこのポケモンが通るかがわかりやすいため、ゲームメイクの指標になりやすい。また、単純に高威力のメインウェポンのおかげで削り役にもなれる。構築単位で重い両刀マンダの処理ルートでもある。

霊獣ランドロスとの違いは対炎枠性能。リザやガモスに展開されただけで負けるといったことを防ぎつつ、こちらの展開の起点にしてしまえるのは炎枠が蔓延る環境において重要であった。

 

f:id:cluclupoke:20170321232033g:plain

カプ・ブルル@食べ残し

性格:慎重 特性:グラスメイカー

調整:177(252)-151(4)-135-x-161(252)-95

技:ウッドホーン 自然の怒り 宿り木の種 守る

 

★調整意図

〇火力

特に無し

〇耐久

極振り

〇素早さ

特に無し

 

草生やしますぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

サイクル要員であり、フィールド効果によりドヒドイデのサイクル・詰め性能を高め、バシャーモの積み展開の補助にもなる。

所謂オタ・ブルル。単体性能は低く、正直あまり強くないが、テテフに半無限に投げられる点、地面弱点の多い構築における構築全体の耐性強化など縁の下の力持ち的な存在。

技構成は、安定打点のウッドホーン、サイクル下で定数を刻む宿り木の種と定数蓄積・自身の回復にも繋がる守るまで確定。普通ならラス1に身代わりが採用されるが、足の遅いこのポケモンでハメれる相手が少なく、身代わりで粘っている間にフィールドが切れたり張り直されたりしたため、確実に削りを入れるために自然の怒りを採用。エースを通すという明確なゲームメイクを行う上で怒りの削り性能は魅力的であった。

ただ、本当に単体性能が低く簡単に起点になるため今後は採用したくない。

 

f:id:cluclupoke:20170321234745g:plain

ドヒドイデゴツゴツメット

性格:図太い 特性:再生力

調整:157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55

技:熱湯 黒い霧 毒毒 自己再生

 

★調整意図

〇火力

特に無し

〇耐久

極振り

〇素早さ

特に無し

 

優秀な物理受けであり、サイクル下で性能を如何なく発揮できるポケモン。また、バトンなどの特定のeasy winを狙ってくる構築に対しての唯一の回答。

サイクル要員であり、きつい構築に対してはこのポケモンで詰ませて勝つといった泥臭い勝ち方もする。

グラスフィールドと合わせることで大抵の物理アタッカーを受け切れる。受けるだけでは勝てないため定数ダメのベースになる熱湯と毒毒を採用。毒毒は毒菱であることが多いが、浮いているポケモンに対する定数が必要なことが多いため毒毒。必中なのは心強い。積み技で崩そうとしてくる相手に有効な黒い霧を採用することで受け回しの強度を上げつつ、特定の構築に対して強くなれる。自己再生は定数の入った相手を定数ダメだけで潰せたり、特殊アタッカーに対しても元々の数値の高さと耐性で受け切れるようになるなど切れない技であった。

特に、ガブリアスで見れない炎枠であるバシャーモに対して滅法強いため、バシャーモ入りの構築には基本的に選出していた。バシャーモに投げつつ熱湯か毒を入れることでこちらの受け回しによる詰めという勝ちルートを作り出せる。

 

f:id:cluclupoke:20170322135325g:plain

バシャーモ@炎Z

性格:意地っ張り 特性:加速

調整:155-189(252)-90-x-91(4)-132(252)

技:フレアドライブ 飛び膝蹴り 剣の舞 守る

 

★調整意図

〇火力

可能な限り高めたいので特化

〇耐久

B<D調整

〇素早さ

準速

 

構築の中で唯一積み技を持つ、積みエース枠。高耐久ポケモンやタイプ受けをしてくるポケモンも薙ぎ倒す高火力枠であり、このポケモンの積みの盤面を作り、一貫を作り上げるようにゲームメイクをする。

技に関しては特に語ることもない(と思う)。

バシャーモを完全に受けれるポケモンが環境に殆ど存在せず、Z技の登場のおかげでタイプ受け、数値受けが成立しなくなったためエースとして如何なく性能を発揮できる。ただ、有利対面で剣の舞を積んだだけで全抜きできるほど甘い環境でもないため、サイクルを回しつつステロ撒き、削りを入れた後に全抜きをする動きが重要だった。特にミミッキュは化けの皮を盾にバシャを止めに来るポケモンとして多かったため、サイクルで場に引きずり出すように意識していた。

炎Zの火力は凄まじく、ステロ+剣舞でマンダやギャラ、クレセリアなどを吹き飛ばせる。炎Zのダメージ感覚を養っておけば、全抜きの障害になるポケモンに対してサイクル下でどれだけ削りを入れればよいか明確にもなる。

積める対面がそもそも少ない環境であったが、グラスフィールドの恩恵で地面枠の前でも積めるため、積みに関して苦労したことはなかった。

 

f:id:cluclupoke:20170322140958g:plain

テッカグヤ@フィラの実

性格:呑気 特性:ビーストブースト

調整:201(228)-121-170(252)-127-125(28)-72

技:ヘビーボンバー 火炎放射 宿り木の種 毒毒

 

★調整意図

〇火力

特に無し

〇耐久

Hを201まで確保しBは特化。残りD。

〇素早さ

特に無し

 

優秀な耐性のおかげで相手に定数をばら撒きやすいテッカグヤ

サイクル要員であり、対面性能もあるため対面選出にも組み込んでいた。

汎用打点であり、無振りでもそこそこの火力を出せるヘビーボンバーと毒や宿り木に耐性のある草や鋼に通す火炎放射を採用。残りの2枠に宿り木と毒を採用し、定数ダメージをばら撒いて裏のエースや対面選出を通す。ヘビーボンバー+毒で身代わりを絡めてカグヤを起点にしようとするマンダを封殺できるためめざ氷は不要(そもそも無振りだとマンダに半分程度しか入らなかったりもするため必要だと思ったことがない)。

宿り木や毒で相手を衰弱させつつフィラの実の回復を利用して相手の物理アタッカーを潰していく。1度ビーストブーストが発動すれば、物理炎枠でもなければこのポケモンを崩せないため、身代わりや守るが無くても高い詰め性能を誇る。

最初はゴツゴツメットを持たせて使うつもりで育成したが、持ち物を取られていたため実験的にフィラの実で採用したのだが、思っていたよりはるかに強く使い勝手が良かった。

 

 

 〇雑記

選出パターンなどは概要の部分で大まかに述べたので割愛。

シーズン序盤から煮詰めていたブルルドヒドイデ軸をベースに綺麗に構築を組めたと思っており、結果として2ROMとも殆ど負けることなく2000前後まで上がった。少ない対戦数で高い勝率を出すことに意味があるわけではないが、構築としての一定の強さの指標にはなり得るのではないかと思う。

最終日にこの構築を使わなかったのは、上位環境でゲンガーが増加していたためゲンガーが重いこの構築では勝ち切れないと判断したため。

最終日使用構築は次の記事で紹介しようと思う。

 

 

 

【関西シングルFESTA使用構築】コントロールG2【予選6‐0決勝1落ちベスト64】

f:id:cluclupoke:20170305224912p:plain

〇はじめに

先日行われた関西シングルFESTAで使用した構築。強いし今後も使うかもだが、別の構築案も既にあるので公開する。

 

〇概要

スカガブ以外のスカーフ枠を採用することで、従来の対面構築では得られない柔軟性を求め、考察を重ねた。

始発点になったのはスカーフゲッコウガであり、ゲッコウガが超技の一貫を切れることに着目し、環境に刺さっていると考えていたメガゲンガーをセットで採用した。

また、いつも一緒に考察しているなゆたさんが使用していた、呪いミミッキュや欠伸カバルドン+身代わり持ちメガorZという並びが強いと感じ、カバルドンミミッキュを採用。これらの呪いや欠伸による起点作成を活かしつつ、構築の苦手な範囲に刺さる積みアタッカーとして化身ボルトロスを構築に加えた。

また、数的有利展開を作った後の呪いミミッキュ+猫ガルーラの詰め性能の高さを評価してメガガルーラを採用。構築全体のパワーの底上げと対応範囲の広さを確保した。

 

〇個別解説

f:id:cluclupoke:20170305225509g:plain

化身ボルトロス@カクトウZ

性格:臆病 特性:悪戯心

調整:155(4)-x-93(20)-174(228)-101(4)-179(252)

技:10万ボルト 目覚めるパワー氷 気合玉 悪巧み

 

様々な起点作成を持ちあわせた構築なので積み要素が強いボルトロスを採用。当初は電気Z身代わり2ウェポンで採用していたが、様々な人に格闘Zの方が構築に合っていると指摘され、前日にこちらの型に変更した。

霊獣ではなく化身なのは、Sラインの違いのため。電気の一貫切りや火力より、最速メタグロスガブリアスの上を取ることの方が重要だと判断した。

構築全体で重いポリゴン2ナットレイを迅速に処理しつつ、技範囲と火力の高さを活かして崩していく。

地面の一貫を切れるのが非常に重要で、ゲンガーと組み合わせた時に釣り交換を積極的に行っていた。

 

f:id:cluclupoke:20170305225815g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格:腕白 特性:砂起こし

調整:215(252)-133(4)-187(252)-x-93-67

技:地震 ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし

 

物理受け。ステルスロック+欠伸で相手を掻き乱しゲンガーに繋げる。

受けることに比重を置かず、削り役に徹することで欠伸を残して退場→メガゲンガー→身代わりを残しつつ展開という動きを取れる。なので、怠けるは採用を見送った。

吹き飛ばしは身代わり持ちが鬱陶しいのでそれらへの対抗策。

ゲッコウガミミッキュに対して投げられるアタッカーに投げて削りを入れつつ、ステロや砂を絡めてゲッコウガの圏内に押し込んでいく。

 

f:id:cluclupoke:20170305225855g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト

性格:陽気 特性:肝っ玉(親子愛)

調整:181(4)-175(236)-121(4)-x-122(12)-167(252)

技:捨て身タックル 猫騙し 冷凍パンチ 地震

 

初手に投げることが出来て、なおかつ終盤の詰め筋にもなるメガ枠。

従来通り初手出しから猫捨て身で負荷をかけることを想定しつつ、終盤に呪いミミッキュから繋いで詰めることも意識した。

構築単位でジバコやドランが重いので炎のパンチではなく地震

別のメガ枠の採用も考えたが、肝っ玉を絡めた猫騙しをタイプ一致で撃ちつつ、高水準の火力を実現できるのはこのポケモンだけなので最後まで採用し続けた。

 

f:id:cluclupoke:20170117234434g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

性格:臆病 特性:呪われボディ(影踏み)

調整:159(188)-x-101(4)-191(4)-123(60)-200(252)

技:祟り目 ヘドロ爆弾 鬼火 身代わり

 

構築の始発点。呪いや欠伸を残した盤面での上からの身代わりが非常に強力であり、身代わりを残しながら相手を突破することで大きなアドバンテージに繋がるメガ枠。また、環境で猛威を振るうメタグロスやマンダの上を取れるメガ枠であることも高評価であり、後述のゲッコウガと合わせることで初手出しが安定する。

上記のメガ枠への役割遂行、幅広い相手への対応力を実現するため鬼火祟り目型。ゲンガーが初手で対面したミミッキュに何も出来ないのは弱いため、個人的に今使うなら鬼崇型。

祟り目の入らない相手に対する打点の確保が厳しいので、それらのポケモンへの崩しをボルトロスに任せている。

影踏みによるサイクルカットは、一貫を作り上げやすく、スカーフ持ちと非常に相性が良い。

 

 

f:id:cluclupoke:20170305230039g:plain

ゲッコウガ@拘りスカーフ

特性:せっかち 特性:変幻自在

調整:149(12)-120(36)-78-148(196)-93(12)-191(252)

技:悪の波動 冷凍ビーム 岩石封じ 蜻蛉返り

 

自慢のポケモンであり構築の始発点。スカガブが担っていた対炎枠の対処を岩石封じで実現しつつ、対破りパルシェン舞マンダを上から縛られずに処理が出来る。蜻蛉返りの採用により対面操作による構築の柔軟性を確保しつつミミッキュ対策も兼ねる。

超技の一貫を切れるためゲンガーテテフ対面ゲコバック→蜻蛉返りによる盤面の切り替えしを実現できた。

技構成は前述の役割を遂行する上で必要なものを詰め込むと、この4つに絞られる。

 

f:id:cluclupoke:20170305230113g:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

性格:陽気 特性:化けの皮

調整:145(116)-127(132)-101(4)-x-126(4)-162(252)

技:じゃれつく 影打ち 呪い 挑発

 

汎用ミミッキュ。シーズンが始まってから長い間煮詰め続けたミミッキュである。

先発出しに求められる盤面の荒らしを呪い挑発で実現しつつ、後発出しに求められるストッパー性能をじゃれZ+影打ちで実現させた。

最速HS霊Zミミッキュは初手でミミッキュの選出をばらすだけでなく、化けの皮を早急に切ることになる。この性質が非常に弱く感じ、後発ストッパー性能と初手出し性能を併せ持つこの型にすることで柔軟性を手に入れた。どの盤面で出しても役割を遂行しつつ、後発のポケモンに繋げられる。ゲッコウガとともに自慢の型。

 

〇雑記

大量に構築を組むことで得られた様々な型や並び、コンセプトへの理解を活かし構築を組めたと思っている。机上論、実践ともに自信があった構築であり、その結果として全勝で予選抜けができたと思っている。なので、決勝トナメでの初手のプレミは本当に悔やまれる。中途半端な結果になったがオフに向けて考察を重ねて得られたものは非常に多く、シーズン2のレートという場でそれを形に出来たらいいなと思う。

運営の方々、当日絡んでくれた方々ありがとうございました。

【構築】Cyclic&Confronting

f:id:cluclupoke:20170131043725j:plain

〇概要

ルルドヒドイデの並びを試しつつ、ドヒドイデの毒菱展開によって満遍なく猫+毒による対面性能も確保できると考え、ガルブルルドヒドイデから構築をスタート。

ブルルと親和性が高く、高火力による崩し性能の高さ、最低限の耐久を活かして1度は撃ち合えるだけの対面性能を持つリザードンYを採用し、サイクル下で負荷を掛けることを意識した。残りの枠に補完としてガブリアス、ミミッキュを採用。ミミッキュはバシャーモ+テテフの並びに強く、ガブリアスはサイクルで疲弊した相手に一貫させる動き+序盤の繰り出しのタイミングでステロを撒くことでサイクル有利を取れるように採用。

SDで使用していたが、使用感は悪くなかった。問題点も多数あるのでブラッシュアップさせたい。以下、個別紹介。

 

〇個別紹介

Kangaskhan-Mega @ Kangaskhanite

Ability: Parental Bond

Level: 50

Shiny: Yes

EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe

Jolly Nature

- Secret Power

- Ice Punch

- Fake Out

- Earthquake

 

Garchomp @ Choice Scarf

Ability: Rough Skin

Level: 50

Shiny: Yes

EVs: 252 Atk / 4 Def / 252 Spe

Jolly Nature

- Earthquake

- Outrage

- Rock Tomb

- Stealth Rock

 

Tapu Bulu @ Leftovers

Ability: Grassy Surge

Level: 50

EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 SpD

Careful Nature

- Horn Leech

- Leech Seed

- Substitute

- Protect

 

Toxapex @ Rocky Helmet

Ability: Regenerator

Level: 50

Shiny: Yes

EVs: 252 HP / 252 Def / 4 SpD

Bold Nature

IVs: 0 Atk

- Scald

- Toxic Spikes

- Recover

- Toxic

 

Charizard-Mega-Y @ Charizardite Y

Ability: Drought

Level: 50

Shiny: Yes

EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe

Timid Nature

IVs: 0 Atk / 30 Def

- Flamethrower

- Overheat

- Solar Beam

- Hidden Power [Ice]

 

Mimikyu @ Focus Sash

Ability: Disguise

Level: 50

Shiny: Yes

EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe

Adamant Nature

- Shadow Claw

- Play Rough

- Shadow Sneak

- Swords Dance

 

 

(追記)

リザードンウルガモス ブルルとミミッキュの型を変更した構築でSDレート現在7位(2/3現在)。

 

f:id:cluclupoke:20170203174853p:plain

 

(下のrankokanzakipokeは某氏が成りすました垢・。・;)

 

具体的な型の明言は現在のところ伏せるが、ガルーラ+炎枠の選出が出来ない弱さを感じていたため、一般枠からウルガモスを採用。瞬間火力はリザードンほど出ないが、ガルーラ受けに対して起点にしながら強引に崩せるため、サイクル不利に陥る構築に対してもアドバンテージを取りやすくなった。 ミミッキュの型はよりバシャーモ+テテフの並びに強くなるように技・調整ともに変更。 ミミッキュ+ガモスの並びの崩し性能、対面性能が非常に強力な並びに仕上がった。 ガルーラの型がまだ納得いかないので変更の余地あり。ガブリアスも前ほど選出しなくなったので再考すべきかも。 詳細気になる方がいらっしゃるならTwitterのDMでならお答えしますので、気軽にどうぞ。